指のイボが痛い場合の原因と対策

指にイボができたという場合、すぐに考えられるのがウィルス性か、老人性のものだということです。これらは痛みもないため、治療せずに放っておく人もいます。しかし、痛いと感じる場合は、すぐに皮膚科を受診しましょう。ウィルス性や老人性のイボに痛みはありません。痛みがある場合は、思わぬ異常が見つかることもあります。
例えば、神経疾患があると、痛みを感じることがあります。放置しても問題ない老人性と違って、ウィルス性は治療しないとどんどん広がってしまうので、痛みがある場合はさらに症状がひどくなります。強いストレスにもなるので、早めに診察を受けるようにしましょう。
皮膚科でのイボの治療は主に、液体窒素で凍らせて組織を壊死させる治療法や、レーザー治療などが提案されます。このような治療法でもなかなか治らない場合は腫瘍や癌の可能性もあります。これらの深刻な病気はウィルス性や老人性と誤診されることも多く、初期症状ではニキビや湿疹と誤診されたケースもあります。患部の組織を切り取って生体検査する方法や、CT検査、画像診断で病名が判明することもあります。ただの皮膚科でこのような検査を行うことは難しいので、皮膚腫瘍を専門とする医療機関やイボ治療に強いクリニックを探しましょう。
ただの指のイボだと軽く見ないで悪化する前に皮膚科を受診することが大切です。